ユーティリティの選び方

ユーティリティの種類

ゴルフ女子のためのゴルフクラブの選び方。
第2回はユーティリティ(UT)。いまやクラブセッティングに欠かせない存在になっています。

 

前回 紹介しましたが、UTはフェアウェイウッド(FW)とアイアンの良いところを掛け合わせて作られた最新のクラブ。

 

海外ではハイブリッドと呼んでいて、人気急上昇。それだけ使い勝手の良いクラブということですね。そんなUTにも実は種類があるってご存知ですか?

 

知っておくとUTがもっと活躍すること間違いありませんよ。

ウッドタイプとアイアンタイプで球筋が大きく変わる

ユーティリティは、2つのタイプに大別されます。

 

・ウッドに近い形状のウッドタイプ
・アイアンに近い形状のアイアンタイプ

 

性能の一番の違いは弾道です。

ウッドタイプは高弾道、アイアンタイプは強弾道

ウッドタイプ(高弾道)
奥行きがあり、重心が深いのでボールが上がりやすい。

 

アイアンタイプ(強弾道)
重心があまり深くないので、前に飛ぶ、強い弾道が打ちやすい。

ウッドタイプ:ユーティリティの代表的な形
ウッドタイプのユーティリティ

・フェース面が大きくせり出した、出っ歯なモデル

・ソールはウッドのように抜けや滑りを重視した形状

・FWほどではないが重心が深く、低くなるように設計

アイアンタイプ:アイアンの後ろを膨らましたような形
アイアンタイプのユーティリティ

・アイアンと同じようなネック形状。ネックよりフェースが引っ込んでいるモデルもあり

・フェース上下は狭め。ヒール側が低いアイアンと同じような形状

・フェース周りはアイアンに似ている。ヘッド後方はアイアンより奥行がある

サンプルテキスト

これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。これはサンプルテキストです。ページ編集から変更してください。

人気の秘密はウッドとアイアンの欠点を克服したこと

ウッドより当てやすく、アイアンより上がりやすい

ユーティリティがゴルファーに受け入れられている理由にウッドとアイアン、それぞれの「打ちにくさ」を緩和していることにあります。

 

ウッドタイプはFWの長さと重心の深さによる、ミートのしづらさを軽減しています。

 

アイアンタイプはアイアンに比べて、重心が深く取られているので、アイアンよりもボールが上がりやすく、ウッドよりも強い弾道を打ちやすくなっています。

フェースの張り出し具合で適した打ち方が変わる

ユーティリティの選び方

打ち方で選んでもよし、打ちたい球筋で選んでもよし

ユーティリティは、100から140ヤードぐらいは狙っていけるゴルフクラブ。自分がどんな打ち方で、どんな弾道を打ちたいかを理解しておけば、ゴルフクラブを選びやすく、長い距離がやさしく打てますよ。

 

ウッドタイプをおすすめしたいゴルフ女子
・楽にボールを上げたい
・レベルブローに打ちたい
・アイアンが苦手

 

アイアンタイプをおすすめしたいゴルフ女子
・強弾道を打ちたい
・ダウンブローで打ちたい
・アイアンが得意

 

ゴルフクラブと打ち方が一致しないと、ミスショットに繋がる可能性があります。できるだけ自分に合ったヘッドを選んで下さいね。(おぐ)

 

営業日カレンダー

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2019年01月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
■:休業日(土日・祝日)
休業日も24時間ご注文可能ですが、メール・発送対応は休み明けとなります。
宅配買取サービス
TOPへ戻る